孕み神と憑かれた姪ーヨールキ・パールキー

孕み神と憑かれた姪 5話 最終話

 

公式サイトなら無料で試し読みできます。

会員登録不要・簡単すぐ読める

 

絶頂に達した時、遂に現れた孕み神…

叔父×姪+孕み神 3Pセックスが始まる。

望み通り姪を孕ませることができるのか?

前回は…どんな内容?!

 

姪に孕ませてほしいと頼まれ、背徳感を感じながらも本気で種付けセックスを始めた2人。

 

ずっと欲しがっていた俺のペ●スを初めてマ●コに入れた瞬間、姪は興奮し嬉しそうにマ●コをピクピクさせていた。

 

その初めての感触は姪を何度もイキまくらせた…!!

 

何度も俺のペニスを求めてくるマ●コを精液で満たしてやると姪の理性が吹っ飛んだ。

 

その瞬間、

 

突然、孕み神が姿を現した!!!

 

3.4話のネタバレ記事はこちら

5話 一度外れてしまった箍は戻ることなく…

細い触手のような姿をした孕み神がマ●コから現れ、姪のカラダの性感帯を刺激していく。

 

孕み神がアナルに到達した時には更にイキっぷりが増していた。

 

俺は、孕み神に犯され喘いでいる姪をみて更に興奮し膣内へのピストンが激しくなる。

 

理性も吹っ飛んでしまいそうな程快楽を味わいもうすでに限界にも見える姪。

 

しかし、孕む為に必死に耐えている。

 

それを考えると、俺も叔父として姪を。

いや、

男としてゆいを孕ませたい!!!

 

孕め!!!

 

激しく刺激された膣内からはネチョネチョになったマン汁が吹き出しカラダを汚していく。

 

一度箍が外れてしまったら2人は、昼夜問わず何度も何度も膣の奥にドロドロの精液を流し込み孕むまでセックスを続けた…

 

そして遂に…

どのくらい興奮できた?!

5話はどのくらい興奮するシチュエーションが盛り込まれていたのか??

叔父×姪+孕み神の3Pシーンは見ていて興奮しまくりでした。

姪のイキまくる姿が本当に生々しい。顔はアヘ顔で物凄く気持ち良さそうに感じていて、感じながらもしっかり”もっと”なんておねだりする辺りは、思わず返事を返してしまいそうなほど…

臨場感があり、物語が進むにつれ興奮します。

また、姪の一言一言が非常にエロくこんなにエロい言葉を一度のセックスで言われたら言葉責めだけでイケそうな気がするww

 

ここまで激しくピストンしてきた叔父だが、他のエロ漫画によく出てくるようなただエロくて気持ち悪い叔父ではない。

 

近親だが姪に無理やりレ●プまがいな事をするわけでもなく叔父はただ単純に大事な姪を救ってあげたいだけ。

 

だが、その救いたいという感情からいつしか愛情が生まれ本気で孕ませたいと考えるようになる。

 

孕み神も特別何か酷い悪さをするでもなく、ただ本当に子供を孕ませるためだけに宿主に棲みついているような感じだ。

 

いや、もしかすると孕ませるだけが目的ではなく、良縁を結びつける目的もあるのかもしれない。そー考えると孕み神憑かれる事は恐怖ではなくむしろ良い事なのかもしれない。

 

誰かが妊娠したからといってお節介に口を挟んでくるものもこの村には存在しない。

 

この物語に出てくる山の麓の集落では、村人達が当たり前のように孕み神の事を知っている。

 

現実にこんな村あるはずはないと思いつつも、もしかしたらどこか地図には載っていない集落にこんな村があるかもしれないと期待してしまう…

 

ホラーとエロを融合させたエロ漫画を描いているのが特徴のヨールキ・パールキの作品ですが

実際に読んでみると怖い事はない。エロだけを楽しむのではなく物語も楽しみつつ抜きたいと思われる方にはオススメの一冊です。